若葉カップについて・・

先日のバドコーチさんの「若葉カップ」の記事とフレフレパパさんの「怒りメラメラ」の記事の2つを読んで、いろいろ考えました。
 

 うちの子は、チームの中の一つ上の子達のレベルが結構高く、その中で切磋琢磨できたことで伸びてきたという部分が大きいです。バドミントンは個人競技だけど、相手がいないとできないスポーツなので・・。そして、今、個人で全国行ったことあるメンバーと、2番手、3番手の全国にはあと一歩で行ったことのないメンバーの総力を結集して若葉カップに向けて磨き合っています。人数確保の初心者同然だった子も、ひょっとしたら大事な試合を取るかもということで精一杯頑張っています。県内にはそんなうちと同じ感じのチームが他にもあるので、全国組が必ず取るというのはもちろん、他のメンバーが頑張らないと勝ち抜いていけないです。そうやっていくつかのチームがそれぞれ頑張っていて、チームのレベルが上がれば、一人一人のレベルも上がります。
 
 前にも書いたように、ジュニアバドの盛んな地域ではないので、うちの子達のすぐ下の代では、それだけのメンバーが揃っていません。出場すらできないかもしれない人数です。もし、その中にうちの子がいたとしたら、若葉に挑戦できるチームをとても羨ましく感じると思います。フレフレパパさんの記事のように移籍のときに生じる指導者と保護者の間のトラブルもあります。

 でも・・・トラブルも単なる指導者の見栄ばかりが原因とは限らず、チームの底上げをして選手のレベルアップにつなげたいとの指導者の想いの強さから来ている場合もあるかもしれません・・。というかそうあってほしい・・。でないとホントに怒りメラメラです!!

 個人戦とは違う、頑張る子が集まれば全国行きのチャンスがあるという大会、チームのレベルアップでぐんと伸びる子もいるという考えからすると若葉カップのような大会もありかと今は思っています。うちの子も切磋琢磨してなければ今のレベルにはなっていないと思います。

 地域によって、チームによって状況は全く違うでしょうから、若葉カップについては賛否両論続いていくでしょう。それに、1人2人が強いのではなく、チーム全体が強いということは指導者冥利に尽きるでしょうし、指導者のモチベーションもアップにもつながるだろうし、これからもきっといろんなトラブルもなくならないでしょうけど・・。とにかく、「一人でも多くの子が頑張る気持ちになれますように・・・・。」という願いや想いから、今あるいろんな大会や仕組みはできてきたと思うし、これからも形を変えていくでしょうね。大切なのは、いつも、指導者と指導される側がお互いに、おかげさまの気持ち!?相田みつを??でいることだと思うし、間にいる子ども達のためにもそれを伝え合って理解し合える関係を作っとかんといかんなと思います・・・。かくいう私も、うちの監督さんにはいろいろ言いたいことを言ってきてしまいましたが・・・
いえ、もちろん小心者なので、文章で・・あるいは、穏やかに・・ですけどね・・・

ブログ村ランキング参加中!!
↓バドミントンのところ、毎日1回応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1日わずか13分の練習で奇跡的にバトミントンが上達する!

1日13分、ある方法を実践するだけでスマッシュやクリアといったバトミントンスキルを驚異的にアップすることができるのです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

 若葉カップ・・・ウチのクラブには縁遠いお話ですね。子供の数はそこそこいますが、わが県はキラ星の如くツワモノ揃いのO垣クラブさんが毎年のように出場していますし・・・。 そもそも我が県はここ数年は県予選なんてのは(たぶん)開催すらされてないですけどね。e-351
 ですから私たちの地区で団体戦を経験するのは、本格的には中学生以降です。(中体連に出れればですがe-263
 香川オープンのようにオープン参加の団体戦(単1・複2ぐらいで)が方々で開催されると面白そうですがね~。 メンバーの誰もが出場できる個人戦も良いですが、チーム一丸で戦う機会があると、クラブ内でもレギュラー取りの競い合いや練習に対するどん欲さも生まれそうですがね。 ウチはハングリーな子が少ないのが悩みです。(草食系?)e-347


参考になりました

こんにちは。
ご意見参考になりました。
1クラブあたりの子供数が急激に減っているなか、一部のクラブだけが地区予選に参加できる条件を持っている状況って・・・???
若葉カップの意味ってなんだろう?!って毎年思っていました。
地域によって、相当実状が違うらしいということも分かりました。
こちらの地域では、毎年特定のクラブだけ

初めまして

初コメントを入れさせていただきます。今後もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、若葉カップ…。うちのクラブに関していうと遠い存在ですね。
しかし、目指します!
と、監督である私1人が言っても始まらず保護者の協力もとても必要となります。
ですので、私は保護者との協力関係を大事にしています。
練習に関しては指導者であるコーチに任せています。
私はバドの経験は社会人になってからですのでコーチするには…。
ですけど、保護者とのコミュニケーションに関しては私の範疇だと思ってやっています。
ジュニアクラブなので絶対に保護者の協力も必要だと思っています。
意見交換?というか保護者との間に壁はあまり作っていません。
練習に関してはノーコメントをお願いしていますが…。
そうするときちんと皆さん多少の不満はあるでしょうけどいい関係を保ててると思います。
あとは子どもの事を第一に考えればいいのではないかと思います。
運営側の立場の方で、監督のせいで子ども達にとってマイナスな力が働いている事が
た~~~~~~くさんあります。1年8カ月の経験だけでも…。
悲しいです…。
ちょっと話題とずれたかもしれませんが…。
これから、お邪魔しますのでよろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです。

若葉カップの良さは行ってみてわかりました。
それまでは若葉カップに疑問を持っていた一人です。

ワガ県では ABC 大会、ブロック大会、全小が優先されるのか、
ほとんど参加がありません。
2年前女子をつれていきましたけど。。。それぐらいです。

同じはちまき、Tシャツ、うちわ。
まるで甲子園のようでした。違う意味で熱かったですね。

ワガ県ではなかなか話がでないのが残念です。

人数の問題も監督会議で提案された方もいらっしゃったけど、
(わたしの横の監督さんでした)
途中で終わりました。

いい大会なんですけどね。。。

No title

若葉カップの県予選ですが私のところはH22年度は参加者が少なかった為に中止とありました!!実は開催してたんですね~^^; 不勉強でした・・・。しかし、県代表クラブは本戦に出場してたようなのでどうやって決めたのかはナゾです・・・。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
おすすめ商品
プロフィール

大学始めでバドに熱中した二児の母!

Author:大学始めでバドに熱中した二児の母!



↑ブログ村ランキング参加中!
毎日、夜まで働きながらも、時間を作っては2人の子供たちとのバドミントンに熱中する母です。バドミントンは大学時代に始め、父親ともそこで知り合いました。しかし、バドが楽しくなってきたころには出産…育児…と満足がいかないまま体力は落ちる一方に…。そこで今度は照準を子供たちに!やはり血は争えず…、子供たちもバドに熱中!子供たちは3つ違いの兄妹で、現在は全国大会で、少しずつ上位を狙えるようになってきたレベルです。さらなる目標に向かい、家族で燃えています!
お茶どうぞブログパーツ

最新記事
カウントダウン!!!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
ミニオセロゲーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
QRコード
QR
都道府県別アクセス数

ジオターゲティング
カテゴリ
最新コメント